岩手県立大学看護学部・看護学研究科

博士前期課程

看護学研究科博士前期課程のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

看護学研究科では、本学の建学の理念、教育の特色、教育研究上の目的を踏まえ、博士前期課程においては、

  1. 看護実践者として、専門職者で構成される保健医療福祉チームの一員として現場に臨み、優れた実践と研究を重ねながら看護学の進歩に貢献することができる人材
  2. 看護管理者として、現場での効率的なマネジメントの遂行、先進技術の導入や業務・管理体制の構築、看護サービスの質的向上に向けた指導力の発揮、さらに地域の保健医療活動の充実を図るため組織や活動方法改善の提言等を行うことができる人材
  3. 看護教育者として、医療の著しい進歩や看護ニーズの多様化に対応する看護教育の充実を図ることができる人材
  4. 看護研究者として、看護に関する知識と技術の開発、看護の実践プロセスの分析・記述、研究成果を実践に活かし、その成果を検証・評価することができる人材

の育成を図り、本学学則に定める修了要件を満たした学生を、次に掲げる「学生が修了までに身につけるべき能力」を備えたものとして、博士前期課程にあっては学位『修士(看護学)』を授与します。

 

学生が修了までに身につけるべき能力

  1. 看護実践の改善充実を目指した研究的アプローチを行うことができる。
  2. 看護研究の基本的な知識と技術を修得し、研究課題を取り上げ、研究を行うことができる。特に、医療技術の発展の中で、看護の知識・技術の開発及び看護実践を分析、記述することができる。

 

カリキュラム・ポリシー

本研究科では、人々の健康問題、意識の変化、医療・科学技術の進歩に対応するために看護実践の諸活動の科学的根拠とその背景となる理論及びその応用について研究しています。特に様々な健康問題をもつ対象者や健康にかかわる事象及び看護実践の研究を通して、看護実践を改善・推進する能力と倫理観を養うことを重点とし、「実践」と「実証」を重視した以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 人材育成理念に共通する基本的な能力は、看護実践の改善充実を目指した研究的アプローチ能力にあると捉え、看護研究法4単位を共通必修科目として設けています。この科目は実践的な研究方法と研究成果を実践に活用する視点を重視し、さらに研究データの分析・記述方法についての実力を身につけることを目的としています。
  2. 専攻分野に関する科目は、特論科目、看護学演習科目、看護学研究科目により構成されています。特論科目では理論と研究方法の学習を重視し、演習科目により十分な文献学習と現場での実践体験がなされるよう構成しています。これらの科目を修得したうえで、看護学研究を行います。
  3. 選択した分野以外への視野を広げるため、共通選択科目や他分野の特論科目を3科目以上履修することを義務付けています。
  4. 専門看護師(CNS)養成課程は、小児看護、慢性疾患看護、がん看護の3分野について日本看護系大学協議会による専門看護師教育課程基準に基づく共通科目、専門科目、実習科目を設置しており、同協議会における認定を受けています。

 

博士前期課程

教育目標

本研究科博士前期課程の教育研究は,人々の健康問題や意識変化と医療・科学技術の進歩に対応できる高度な専門知識・技術並びに倫理観を培い,様々な看護の実践と研究を通して看護学の発展と看護職の向上を強く志向する,次のような人材を育成することを目標としています.

優れた看護実践者

専門職者による医療チームの一員として,優れた実践と研究を重ねながら看護の進歩に貢献できる人材の育成

優れた看護管理者

現場での効率的なマネジメント力,業務・管理体制の構築や看護サービスの向上などに指導力を発揮し,組織や活動方法の改善を提言できる人材の育成

優れた看護教育者

医療の著しい進歩,看護ニーズの多様化に対応し,看護教育の充実を図ることができる人材の育成

優れた看護研究者

看護の技術の創出,実践プロセスの分析・記述,研究成果を実践に活かし,検証・評価することができる人材の育成

 

教育研究領域

1.基礎・管理看護学領域

■看護実証病態研究分野

看護学にとって有用な実験的研究手法を学び、看護技術の科学的な裏づけを得るための実証的研究や、看護技術の安全性に関する実験的研究を行います。 さらに、実証的な研究に基づく新たな看護技術の構築にも取り組みます。

■看護援助学研究分野

看護援助における有用な概念や、理論的枠組みをベースとした臨床研究を行います。それぞれの臨床分野における効果的な看護援助の要因分析、援助方法の開発・実施・評価に関する研究を行います。

■看護管理学研究分野

効率的・効果的な看護の実施に向け、管理上で必要とされる課題を乱し、様々な視点からアプローチして修士論文を作成します。また、看護情報学の理論やネットワーク技術を活かして看護の知的資源・人的資源の有効活用を図ろうとする視座に立ち、情報化社会における看護の質的向上につながる理論・手法を開発します。

 2.母子看護学領域

■母性・女性健康看護学研究分野

女性のライフステージにおける心身の発達過程、生殖に関する理論ならびに生殖医療技術、そして遺伝医療に伴う倫理的・社会的・法的な諸問題に関する看護研究を行います。

■小児看護学研究分野(※小児看護専門看護師教育課程を含む)

子どもの成長発達や健康を主題とした子どもと家族への看護援助に関する研究や小児看護ケア技術のエビデンスの構築のための研究を行います。

■学校保健看護学研究分野

学校カウンセリング、不登校・薬物乱用といった問題への対応、応急処置の方法、健康問題をもつ児童・生徒が学校生活を送る上での援助など具体的な課題を取り上げて研究を行います。

3.成人・老年看護学領域

■成人看護学研究分野(※慢性疾患看護専門看護師教育課程を含む)(がん看護専門看護師教育課程を含む)

慢性的な疾患および障害を持つ成人、ならびに、その家族への看護を通して見出された研究課題について研究計画を立案して実施します。

■老年看護学研究分野(老年看護専門看護師教育課程を含む)

地域で活動的に老年期を生きている人々と、その家族、入院や治療を余儀なくされている高齢者、あるいは認知症を患っている高齢者など、さまざまな状況にある高齢者の看護について、研究を行います。

4.地域看護学領域

■地域保健看護学研究分野

行政サービスの一環として機能する看護活動、あるいは看護活動と地域組織との協働について。それぞれの関心に基づき、課題を取り上げて研究を行います。

■家族看護学研究分野

各自の動機や関心に基づいてフィールドを選び、家族看護の実践を積み重ねながら調査や面接を行います。得られた記録を整理して報告を重ねるとともに、討論を経て課題の分析を深め、論文をまとめます。

■精神保健看護学研究分野

精神科に限定せず広く精神看護学的観点から問題や課題を明らかにし、保健・福祉的観点との連携のなかで捉えられるように施設のみならず地域における課題を研究します。

5.課題研究

■専門看護師(CNS)コース科目

各専門領域における特定の課題や看護実践について研究的手法を用いて多面的に分析し、看護実践に貢献できる臨床知見や技術を追求し、記述することで成果としてまとめる。

※日本看護系大学協議会による認定

 

教育課程の流れ

教育課程の流れ

ページの先頭へ