岩手県立大学看護学部・看護学研究科

研究科長挨拶

本研究科では,『実践・実証』を大切にした教育研究に取り組んでいます.したがって,実践家の関心や問題意識が研究の原点となります.実践の場での素朴な疑問や検討課題を研究テーマとし,多様な研究手法によりこれまでの日常業務で明らかにできなかった内容を解明する,あるいは新たな看護技術を創出する実証研究を行っています.

博士前期課程では,高度な知識と研究的視点をもった優れた看護実践者を育成することを目指しています.共通必修科目となっている『看護研究法Ⅰ・Ⅱ』により研究の進め方を体系的に学ぶことができます.そして博士後期課程では,指導的実践者や看護研究者などの高いレベルの人材育成を目指しています.看護学をさらに発展させるために独立して研究に取り組む能力を修得することが出来るように指導しています.

本課程は,看護実践者と教育・研究者との知の融合の場であり,臨床現場で得られた経験知を確かな科学知にするための機能を果たしています.

岩手県立大学看護学研究科 研究科長 武田利明 岩手県立大学看護学研究科 研究科長 武田利明

研究科長挨拶
ページの先頭へ