岩手県立大学看護学部・看護学研究科

博士後期課程

看護学研究科博士後期課程のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシー

看護学研究科では、本学の建学の理念、教育の特色、教育研究上の目的を踏まえ、博士後期課程においては、

  1. 医療の現場で求められる切実な看護ニーズをとりあげた高度な研究を独自に計画し、遂行できる人材
  2. 専門分野に関する研究成果をとり入れた看護教育を独自に計画し実施できる人材
  3. よりよい看護実践に寄与できるリーダーシップを発揮し、他分野との協働を通して保健医療の質を高めていける人材
  4. 社会のニーズを保健福祉政策に組み込んでいくことができる人材

の育成を図り、本学学則に定める修了要件を満たした学生を、次に掲げる「学生が修了までに身につけるべき能力」を備えたものとして、『博士(看護学)』を授与します。

 

学生が修了までに身につけるべき能力

  • 看護学の知識の蓄積、体系化に貢献する新しい看護学の理論構築や看護方法・技術の開発により、独創性のある有用な看護学研究を行うことができる。

 

 カリキュラム・ポリシー

本研究科では、人々の健康問題、意識の変化、医療・科学技術の進歩に対応するために看護実践の諸活動の科学的根拠とその背景となる理論及びその応用について研究しています。特に様々な健康問題をもつ対象者や健康にかかわる事象及び看護実践の研究を通して、看護実践を改善・推進する能力と倫理観を養うことを重点とし、「実践」と「実証」を重視した以下のカリキュラムを編成しています。

  1. 博士前期課程における教育を継承し、さらに高度化するとともに、実践・実証能力を一層強化するため、教員と大学院生の参加による「実証的」視点を強化する看護学特論及び研究方法特論を開講しています。原則として各大学院生の選択する特別研究に直結する特論科目を履修しますが、研究方法特論その他関連する特論科目についても履修することを奨励しています。
  2. 特論科目は、学内の教員のみならず、関連分野の第一線において活躍している看護実践者や実証的研究者等を講師として随時招聘し、豊富な経験や科学的看護論等について話題の提供を受け、討論します。大学院生は講師との討論に積極的に参加し、自ら主体的に意見を述べ、看護学研究者としての資質を磨きます。
  3. 特論科目の履修とともに、教員の共同研究プロジェクトや関連学会等への参加により、総合的、学際的に論考する能力を養成します。
  4. 研究指導科目は実証看護技術学、女性健康看護学、地域健康看護学の3領域の特別研究を設け、指導教員による指導とともに、文献検討、臨床及び現地調査、基礎的実験、研究計画書作成、博士論文作成等を通じて研究方法の一層の熟達と、倫理的配慮ができる資質の育成を図ります。

 

博士後期課程

教育研究目標

博士前期課程の教育研究レベルをさらに高め,看護学の知識の蓄積に貢献できる研究を独自に計画し遂行できる研究者,研究結果を駆使し優れた技術をもつ高次のレベルの実践者,そして,優れた看護を中心に医療の改善を推進できる次のような指導的実践者を養成することを目標としています.

■医療現場で求められる切実な看護ニーズをとりあげた高度な研究を独自に計画し,遂行できる看護学研究者の育成

■専門分野に関する研究成果を取り入れた看護教育を独自に計画し実施できる看護教育者の育成

■よりよい看護実践に寄与できるリーダーシップの育成

■他分野の協働を通して保健医療の質を高めていくことができる調和のとれた看護職者の育成

■社会のニーズを保健福祉政策に組み込んでいくことができる看護職者の育成

 

教育研究領域

1.実証看護技術学

■実証看護技術学

臨床の場で実践されている看護技術の有効性について、系統的な分析と評価を行います。さらに、そうした有効性を実証するための研究理論と新たな看護技術の確立に向けて研究を重ねます。例えば、足浴効果の新たな検証方法の確立、薬液の血管外漏出時ケアの確立、スキンケアの実証的研究、気管挿管チューブ内腔閉塞予防法の確立に関する研究です。

■看護管理・看護援助実証学

看護管理を看護者個々の実践する「直接的看護課程」を、より有効にするための「間接的看護課程」と捉え、その直・間の看護課程の関連・構造の解明を通して看護援助を実証する研究を行う。

■慢性・障害看護ケア

糖尿病や腎疾患等の慢性病者やさまざまな原因による障害を有する成人とその家族への看護援助についての、臨床における看護実践の有効性を高めるための実証的研究を行います。

■応用看護情報学

看護情報学の最新の主要トピックスについて、国際的な動向をレビューするとともに、それらの国内における発展のための戦略を検討する。

2.女性健康看護学

■女性健康看護学

近年の女性の健康、母子健康、家族関係や医療の進展に伴う諸問題に対応する女性健康看護学の新たな概念や理論こうチックを導く研究を行う。

3.地域健康看護学

■小児・家族看護学

健康問題をもつ子供とその家族の看護援助やあるいはすべてのライフステージの家族の援助に関する方法論・ケア技術(法)、理論を実証・追及し、新たなケア技術(法)や理論を構築する事を目的とする研究を行う。

■地域健康看護学

地域行政看護、地域ケア看護について研究します。地域看護職と地域組織・行政との協働推進に必要なことなど人々の健康、QOL向上の基礎となる研究をしていきます。

■老年看護学

ライフステージ最後の時期をより自分らしく生きることをめざした高齢者およびその家族への援助に関する理論、方法論の構築を導く研究を行う。

■学校保健看護学

児童生徒の心身の健康の保持増進のために、養護教諭が行っている相談活動について、出席者の事例をもとにその機能や関係者との連携の在り方等について研究を行う。

■地域精神保健看護学

地域生活支援の諸形態とその支援方法および必要な社会資源の開発に関する研究を行います。

 

教育課程

教育過程

ページの先頭へ