岩手県立大学看護学部・看護学研究科

基礎看護学

講座紹介

基礎看護学講座では,根拠に基づいた看護実践を目指し,看護の基盤となる基礎的な知識・技術・態度について追究しながら日々の教育研究活動に取り組んでいます.本講座は,理論看護学,看護技術学,心身機構学の3つの教育研究分野で成り立ち,8名の教員で構成されています.

教育に関しては,多くが1・2年次の専門科目を担当することから,3つの教育研究分野が有効に連動しながら,各臨床看護学領域の基盤となる素養の涵養を目指しています.理論看護学では,看護の対象や人間の健康,基礎的な看護理論と看護過程の展開について,看護技術学では,対象を理解した安全・安楽かつ根拠に基づいた看護の援助技術について,心身機構学では,人体の形態と機能,病因・病態,生体の防御機能などからだの仕組みと構造・病気について,それぞれ教授しています.

研究に関しては,各教員の専門性に基づいて,研究テーマは多岐にわたります.主なものでは,看護技術の科学的根拠の探究,感染看護,肝炎の病態および治療,薬剤の血管外漏出による組織障害の検証,実習前演習に模擬患者を活用した学習効果,看護過程の教授法,看護のイメージと達成動機,などに関する研究があります.

 

教員一覧

教授

  • 武田 利明 (Takeda, Toshiaki) (学部長・研究科長)
  • 高橋 和眞 (Takahashi, Kazuma)
  • 平野 昭彦 (Hirano, Akihiko)

准 教 授

  • 井上 都之 (Inoue, Satoshi)
  • 高橋 有里 (Takahashi, Yuri)

講 師

  • 三浦 奈都子 (Miura, Natsuko)
  • 鈴木 美代子 (Suzuki, Miyoko)

助手

  • 藤澤 望 (Hujisawa, Nozomi)

メッセージ

基礎看護学は,看護の初段階の領域と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが,「初心忘るべからず」「初心にかえる」などの言葉があるように,いつの段階においても基本に振りかえり考える基点になる領域です.私たちも,多くの方々との意見交換や情報共有をとおして,基本にかえり学んでいるところです.

講座では,3つの専門分野から,教育・研究活動をサポートしています.これまでに,卒業研究や研究科の院生が取り組んだ研究テーマは実に多様です.また,現場で働く看護職の方を対象に,看護技術に関する支援や最新知識に関する研修会を毎年開催しております.詳細は講座のホームページに掲載していますので,是非下記HPもご覧ください.

 

URL

http://www-nurs.iwate-pu.ac.jp/kiso/index.html

(更新日 平成29年4月1日)


ページの先頭へ