岩手県立大学看護学部・看護学研究科

母性看護学・助産学

講座紹介

母性看護学,助産学は,新しい命を妊娠,出産することができる女性やその家族を対象として,女性の一生を通した健康支援について追究する看護学領域です.

母性看護学では,女性を取り巻く健康問題の特徴やその看護,そして新しい家族を迎える妊娠,出産,育児の時期にある女性とその家族に対する看護について学びます.実習では妊婦や産婦,お産後の母子を受け持ち,実践的に看護ケアを学習します.

助産学では,助産学の基本概念および助産師の役割を理解し,助産学の展開に必要な性・生殖系の病態生理や医学的知識,助産診断やケアの技術を集中して学びます.助産学実習では妊娠・出産・育児期の女性と家族を対象に継続した助産ケアを展開し,10例以上の分娩介助を行います.

助産師国家試験受験資格取得は選択コースです.選択を希望する学生は,卒業に必要な必修科目に加えて,助産学に関わる科目のすべてを履修する必要があります.

また,母性看護学,助産学教育研究分野では,岩手県の周産期医療における助産師の専門性向上や連携強化のための継続教育について研究をしています.ほかにも,被災地の母子や女性の健康支援,思春期のリプロダクティブヘルス(性と生殖の健康)教育,在日外国人の母子保健や周産期に子どもをなくした家族へのケアをテーマに,各教員が研究を行い,看護学や地域に貢献するために取り組んでいます.

 

教員一覧

教 授

  • 福島 裕子 (Fukushima, Yuko)(看護学科長)

准 教 授

  • 野口 恭子 (Noguchi, Kyoko)

講 師

  • アンガホッファ 司寿子 (Angerhofer, Shizuko)
  • 金谷 掌子 (Kaneya, Shoko)

助 教

  • 後藤 仁子 (Goto, Satoko)
  • 木地谷 祐子 (Kichiya, Yuko)

助手

  • 大黒屋 安由子 (Daikokuya, Ayuko)

メッセージ

母性看護学・助産学では,命の誕生や女性の健康支援について,自分の命の存在や,いつか家庭を持つかもしれない自分の将来と結びつけ,楽しく学ぶことができます.妊娠・出産は,人生の中でも大きなライフイベントのひとつです.講義や実習を通して,学生のみなさんが,命の誕生に関わる母性看護や助産を学ぶ楽しさ,素晴らしさを実感できるよう教員一同全力でサポートしていきたいと思っています.赤ちゃん・子どもが大好きという学生さん,将来は産科で働きたい・助産師になりたいという夢をもった学生さん,一緒に学んでいきましょう.

 (更新日 平成29年4月1日)


ページの先頭へ