取得可能な資格

看護学部で取得できる4つの資格と学位(看護学)
-3つの国家試験受験資格と養護教諭一種免許状-

看護師・保健師・助産師の免許を取得するためには、それぞれの国家試験に合格することが必要です。本学看護学部を卒業することにより「看護師国家試験受験資格」を得ることができます。加えて「保健師国家試験受験資格」、「助産師国家試験受験資格」のいずれかを得ることができます。また、本学は、教員資格として「養護教諭一種免許状」と「高等学校教諭一種免許状(保健)」を取得できるカリキュラムも準備されています(保健師・助産師・養護教諭の選択には選考試験があります)。なお、養護教諭二種免許状は、保健師免許取得後申請により取得することができます。

資格取得のための学びだけでなく、大学教育の特色として、幅広い教養と科学的根拠に裏付けられた論理的思考力や創造性の涵養、確かな知識に基づく課題発見・解決能力など生涯にわたり看護学を探究する能力を養います。そして、卒業と同時に学士(看護学)の学位が授与されます。学術的基盤に裏付けられた学位、資格は卒業後の充実したキャリア形成のための強みとなります。

高度化、多様化、専門化する医療や、変動する社会のニーズに主体的、そして、個々の人々を尊重しつつ対応できる看護専門職者を育成するため、より実践的で体系的な教育課程を編成しています。

看護師

看護師のケアの対象は、看護を必要とする人、それは疾病を抱える人だけではなく、健康を求める人、そしてその人の家族や周囲の人々です。看護師が活躍する場は、主に病院や診療所、そのほかに、訪問看護ステーション、企業内健康管理室、介護保険施設、福祉施設と、多岐にわたります。本学では、看護師国家試験受験資格を取得することができます。

保健師

地域に暮らす全住民の健康な生活環境づくりを支援するほか、関係機関と連携しながら地域の課題解決に取り組みます。活躍する場は、保健所や市町村などの行政機関、病院、企業、地域包括支援センター、福祉施設など。本学では保健師国家試験受験資格を取得できるコースがありますが、保健師として仕事をするためには、保健師国家試験のほか、看護師国家試験の合格が必要です。

助産師

妊娠、分娩(出産)、産褥(出産後)の各期において、女性と生まれる命、家族に対し、必要なケアを行います。活躍する場は、病院、診療所、助産所、保健所や市町村などの行政機関、教育・研究機関、母子福祉施設など多岐にわたり、助産所の開設も可能です。本学では助産師国家試験受験資格を取得できるコースがありますが、助産師として仕事をするためには、助産師国家試験のほか、看護師国家試験の合格が必要です。

養護教諭

学校において保健教育と保健管理を担当する教育職員です。本学では、看護師資格を持った養護教諭を養成しています。養護教諭になるには、養護教諭の免許状を取得することが必要となります。それを取得するためには、看護学部で取得した科目を基本に、教職科目や養護に関する科目を履修することになります。また必要な科目を履修することで、「高等学校教諭一種免許状(保健)」の取得も可能です。


Top