岩手県立大学看護学部・看護学研究科

看護学部のご紹介

看護の基本を身につけ,保健医療現場の第一線で活躍する人材を育成する

確かな知識・技術の修得に加え,人間性も身につけるための学びも重視したカリキュラム

看護職は,人間がもっている機能を十分に発揮できるよう,病気になったときだけではなく,健康時にも病気の予防,健康の保持・増進のための看護活動を行います.そのため,看護を志向する者には,援助の対象となる方がどのような価値観を持ち,どのような反応・思考し,行動をとるかを理解することが必要となります.つまり,豊かな人間性,人間への深い理解,優れた倫理観,幅広い教養,主体性などの力が求められます.

看護学部のご紹介

そこで本学部では看護実践の基盤となる高度な専門的知識・技術を修得することに加え,幅広い教養・人間性を身につけることも重視したカリキュラムをとっています.患者さんの思いを受け止め,倫理的かつ科学的に判断し,主体的に看護援助を展開するための能力を養うことを重視した教育を行います.そのなかで科学的根拠や看護の実践技術を活用し,看護対象者の健康問題を調査して看護計画を立案・実施・評価する方法を学びます.

また,医療現場の情報化・医療情報の高度化に対応するため,コンピュータリテラシー,情報処理能力の獲得を基礎としてIT能力を臨床に生かすための教育を行っています.

看護学部のご紹介

 

1年次から専門科目および臨地実習を行い,早期から看護学への関心を高める
~実習内容の紹介~

岩手県立大学看護学部では,1年次から専門的な科目が学べるとともに,基礎看護学実習の機会を設けています.早い時期から看護学の世界を知り,知的好奇心をさらに高めて,以後の学びにつなげます.

主な実習の場は,医療施設のほか,地域に密着した活動を展開している市町村保健センターなど多様な保健医療の場となっています.そのなかで学生たちは講義で学んだ看護における理論と,実践の統合を図ります.

具体的な実習内容として,1年次後期に始まる「基礎看護学実習」では,病院での看護の実際にふれ,患者理解と看護技術を習得する重要性の自覚を養います.2年次は患者理解を深めながら,一人ひとりの患者さんに対して必要とされる看護を考え,実践し,評価します.3年次からはケア対象者の特性に即した看護を実践するため6つの看護学専門領域実習を行います.ライフサイクル別の「小児看護学実習」「成人看護学実習」「老年看護学実習」のほか,主に妊娠・出産・育児期にある母子と家族を対象とした「母性看護学実習」,精神を病む人を対象とした「精神看護学実習」,主に地域に住む人々を対象とした「地域看護学実習I」です.また,4年次には「看護学総合実習」があり,チームアプローチをテーマとしてより実践的な場面での実習を行い,実践適応能力と臨床ケア能力の向上を図ります.

その他、保健学科目では「地域看護学実習Ⅱ・Ⅲ」(3~4年次),助産学科目では「助産学実習Ⅰ・Ⅱ」(4年次),教職科目では「養護実習」「教育実習Ⅰ・Ⅱ」(4年次)があり,それぞれの専門領域における実践能力の向上をめざします.

看護学部のご紹介

 

 看護師の他に,保健師・助産師・教職の資格取得のためにそれぞれの選択科目を開講

本学部で取得できる資格は,看護師国家試験受験資格です.その他選択により,保健学科目,助産学科目,教職科目の3つの課程のいずれかを選択できます.それにより,保健学科目では保健師国家試験受験資格,助産学科目では助産師国家試験受験資格,教職科目では高等学校教諭一種免許状[保健],養護教諭一種免許状が取得できます.

■取得可能な資格・免許

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格
  • 助産師国家試験受験資格
  • 高等学校教諭一種免許状 保健
  • 養護教諭一種免許状

faculty_profile_04

国際的視野をもった看護職を育成する

岩手県立大学看護学部では,学部を超えて全学が実施している中国,韓国の大学等の国際交流協定機関との交流の他,看護学部では,国際的視野をもった看護職を育成するため学部独自の科目・学習の機会を設けています.

必修科目「国際看護論」では,海外での看護支援に加え,日本国内における外国人への看護活動について学びます.その他,選択科目「国際看護論演習」では,主体的・体験的に国際的な視野に立って保健・看護上の課題について考えます.

他国との交流として,米国ワシントン州立大学への海外研修プログラム,ノースカロライナ大学ウィルミントン校と遠隔通信システムを用いた遠隔授業があります.実際に海外の看護学生と交流する機会となります.また平成23年度には英国プリマス大学との国際交流協定を結び,教育・学術的交流を行っています.

このように,岩手県立大学看護学部では,諸外国の看護学生並びに教員,地域の方々とより活発な交流を通して国際的視野を持った看護職の育成に取り組んでいます.

看護学部のご紹介

 

 

ページの先頭へ