在校生メッセージ

看護学部で、先輩たちはどんなことを学び、
その中でどんな目標を見つけて頑張っているのか、聞いてみました。

多彩な授業科目により様々な知識・経験を習得

テレビのドキュメンタリー番組で、生命の誕生に携わることができる助産師の仕事に興味を持ち、その資格が取れる岩手県立大学看護学部を選びました。入学後知ったのは、妊婦さんへの精神的サポートも助産師の重要な仕事であるということ。その点で、専門科目のほかに教養科目を幅広く学ぶことで様々な知識・経験を得られるこの学部を選んで、良かったと思います。様々な職歴の先生が、経験をふまえながら細かく親身に指導してくれる点も魅力です。

看護学科2年
小泉 友芙(こいずみ ゆう)さん
[岩手県立一関第一高校卒]

学生活動などに取り組み成長を実感する日々

高校生の頃、元気をくれる素敵な保健室の先生がいて、自分もそんな先生になりたいと養護教諭を志望。養護教諭は児童生徒の病気やケガに対処しなくてはいけないので、それらを学べる看護学部を選んで正解でした。また、「ピアいぷ」「キャンパス・アテンダント」などの学生活動や、看護学部の先生が主催する活動など、個人で参加できる活動の場が豊富。様々な人との関わり方や企画運営のやり方などを学ぶことができ、自分の成長を実感しています。

看護学科3年
佐藤 希美(さとう のぞみ)さん
[岩手県立一関第一高校卒]

1年次から始まる実習で貴重な学びを経験

看護師になろうと決めた時、看護師のほかに助産師などの資格も取得できる岩手県立大学看護学部に魅力を感じ、入学しました。その後授業で出産に関する映像を観て、人生の始まりに携わることができる助産師の仕事に感動し、今は助産師の資格取得も目指して学んでいます。この学部は1年次から実習がある点も特徴。2年次、3年次とそれぞれの学年で実習先も内容も異なり、学内では学べないことを学ぶことができ、とても貴重な経験です。

看護学科4年
千葉 衣莉(ちば えり)さん
[岩手県立盛岡第一高校卒]

住民の健康を支える保健師の夢をかなえる

岩手県で看護師になりたくて入学しましたが、ボランティアのサークル活動で各地の住民の方と交流するなかで、その方たちの健康を支えたいと保健師志望に変更。近くに大きな病院がない九戸村の出身で、岩手県では保健師の役割が大きいと感じていたことも理由でした。市町村の保健師活動を支え、つなぐことに興味があり、春から岩手県の保健師として働きます。大学では県や県内の就職に関する様々な情報を得ることができ、就職活動に役立ちました。

看護学科(平成31年3月卒)
髙橋 遥香(たかはし はるか)さん
[岩手県立盛岡第一高校卒]


Top